忍者ブログ
2008/08/31開設。 主に自転車生活の記事を書いております。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[08/13 wtr]
[08/06 Mr.J]
[05/30 wtr]
[05/26 Mr.J]
[05/22 wtr]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
wtr
性別:
男性
趣味:
自転車・プログラミング・釣り
ブログ内検索
アクセス解析
18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 最近、変速中に息継ぎしながら加速するような感覚があったので、
プーリーを一度はずして清掃・グリスアップに挑戦してみた。

変速機のケースは8mmソケットで簡単に外れた。
合計6本あり、左上のネジだけ長いのでナンバリングしておいた。

外すと変速ベルトが見える。左側がプーリーで右側がクラッチアウター。
それぞれ39Nmと59Nmの締付トルクだとどこかで見た気がするのでメモ。

キックのボスが落ちてくるかもしれないので注意。
(クランクケース開けっ放しでエンジンかけて回してたらボスが落ちてきてかなり焦った。下手したら大けが。)

プーリーのボルトは17mm。しかしラチェットで外そうとするも硬すぎ・・・・。
この際だしホームセンターでインパクトを買ってきて外した。

※バイク屋でプーリー交換してもらった時はエアインパクトでバリバリ締められてた・・・締めすぎじゃない?

開けてみると6個あるうちの2個が編摩耗していた。
円形の一部がまっすぐ削り取られているような感じ。これが原因のようなので手元に残ってた純正ウエイトローラーをグリスアップして取り付け。

困ったことにランプレートが固着しており抜ける気配がないのでCRC&グリス吹きつけて放置しておいた。
そのせいでウエイトローラーを落とさずにプーリーを差し込むのが大変だった。

あとは元あったようにはめ込んでトルクレンチで39Nmで締め完成。
(Vベルトを噛みこまないようにクラッチ側に落とし込んでベルトに遊びを持たせる事)


変速に息継ぎがなくなって満足。

ただボスが落ちた時にプーリーにあたってクラッチ側に挟まったのでプーリー傷ついてるし、クラッチのほうはどうなってるか・・・ちょっと心配。
PR
自転車ではなく原付で琵琶湖一周してきた。

所要時間 約6時間
燃費 67km/l (満タン法)

信号ないとここまで燃費が良くなるとは!!
ヘッドランプ直前にブリッジダイオードとコンデンサ入れて、電力不足時はバッテリーから電力を得られるようにしておけばHID点灯くらいできないだろうか。
全波整流するにあたってのステータコイルの加工方法はOK
Copyright c ごろつきわんちゃん All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]